グリーングリーン

感想おまちしてます!

daipresents2004-07-08
(写真)歯医者さんの看板です。あまーい。
歌詞を知って欲しい。

ある日 パパと二人で 語り合ったさ
この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
グリーン グリーン 青空には 小鳥が歌い
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がもえる

重いって。
とてつもない内容を語っていながら、小鳥が舞う情景。
小学生の僕には衝撃的だった。

その時 パパはいったさ
ぼくを胸にだき
つらく悲しいときにも
ラララ 泣くんじゃないと

「ラララ」って。
こんな話をするときに「ラララ」っていう父親になりたい。
小学生の僕は、そんなことを思った。

ある朝 ぼくはめざめて
そして知ったさ
この世につらい悲しいことが
あるってことを

起きたときに?
ものすごい寝覚めだ。小学生の僕には想像できなかった。

あの時 パパと
約束したことを守った
こぶしをかため 胸をはり
ラララ 僕は立っていた

「ラララ」って。(2回目)
多分、「ファファファ」だったら合わないんだろう。
「ミミミ」はぎりぎりセーフかなと、小学生の僕は思った。

その朝 パパは出かけた
遠い旅路へ
二度と帰ってこないと
ラララ 僕にもわかった

失踪?
どこの家庭のお父さんも、突然こうなってしまうもんなのだと、
小学生の僕は、未来におびえた。

やがて 月日が過ぎゆき
僕は知るだろう
パパの言ってたことばの
ラララ ほんとの意味を

だからパパはどこへいったのよ!(半泣き)
いつかこの歌の意味がわかるんだろうと、
小学生の僕は思った。

いつか ぼくもこどもと
語り合うだろう
この世に生きる喜び
そして 悲しみのことを

ぐりんぐりん。(なげやり)
結局、物事の本質なんて誰も教えてくれない。
小学生の僕は、世の中に悲観した。
この世に生きる喜びと悲しみ。
喜びだけがあれば、それだけ知ればいいんだけど、
悲しみもあるんだなこれが。
ふとしたことで、泣きそうになって落ち込む。
でも、泣きそうになるぐらいの喜びも知っている。
知らなくてもいいことを知らないよりも、
知らなくていいことを喰って、生きていくほうが僕には向いている。
このページに詳しくこの曲のことが書いてあった。
原曲は一体誰の曲なのか?
グリーングリーンは7番まであるみたい。

コメント

  1. だい より:

    (笑)。私は小学生のときに熱唱>脱力してました。。。

  2. tigermilk より:

    はっ。「グリーングリーン」、中学生のとき音楽の授業で演奏したような気が。