品川ナンバーになりました

感想おまちしてます!

daipresents2004-07-05
(写真)陸運局にて
今日は色々な手続きを行った。
区役所で効率の悪いまち待ち行列を確認し、
郵便局で、またまた不効率な窓口で待つ。
警察署で、タメ口の親父警官に指示され、
きれいな婦人警官に陸運局への道を聞いた。
マイマシン。FTR君(名前はまだない)の異動届は、
どうやら区役所では行っていないらしく、
ナンバープレートの交付は、陸運局が行っているそうだ。
というわけで、陸運局へレッツゴー!
陸運局は雰囲気がまったく違った。
訪れる人を見てみると、大体の人がツナギをきている。
なんでだろう?
途中でわかったのだが、車のディーラーとか、バイク屋さんとか、
バイクの登録などを行ってくれる。
そういった人が手続きをしにやってきているようだ。
まず、受付の人がざっくばらんだった。笑い声すら聞こえる。
車検場があるためか、駐車場が広く、いろんな建物をあっちこっちへ行かされる。
そのいろんな建物も50メートルぐらい離れていたりする。
1つ目の場所では、これからまわる為に、書類を4枚ほどもらった。
受付のおじさんはやさしい人で、江戸っ子ぽく教えてくれた。
2つ目の場所は、古い場外馬券売り場みたいだった。
3つ目の場所は、どうやらナンバープレートの番号が決められるっぽく、
おじさんが書類に新しいナンバーのハンコをおしてくれた、
僕の番号を押した後、おじさんは4桁のハンコの番号を、
次の数字にずらしていた。
もしかして連番?
しかも、結構適当なんだな?。もっとランダマイズだったと思ってた。
3つぐらい建物をまわった後、次の受付へ書類を出したときに、
「ナンバープレートを持ってきてください」
といわれ、バイクに乗ってきた僕は、はずしていいのかよ!とか、
ドライバーなんて持ち歩いてないやん!とか思い、
「え!どうやってはずすんですが?」
って聞いたら
「ドライバーでぐりぐりっとはずしてくださいね(明るく)」
「いや、、、それぐらいわかりますがな。。。」
というわけで、しぶしぶ駐輪しているところに向かい、
車載道具でなんとかはずした。
その間、「大ちゃんお引越しセット」をまとめていたクリアフォルダーが
風にあおられ、書類は空中へ!
「あぁー!引越しの領収書が!!!(半泣き)」
領収書がなくなると経費で落ちない。
あの時の自分は、誰が見てもかわいそうだったと思う。
書類(領収書)を拾い集め、もう一度受付へ。
受付の後ろには、連番の(やっぱり)ナンバープレートが山積みされている。
そのうちの1枚をもらい、ようやく終了。
駐輪場でナンバープレートをつけ、FTR君は品川ナンバーになった。
今日の写真のように、行く機会があったら、ラフな気分で行ってください。
前に、「足立ナンバーかもよ」といわれていたが、
品川ナンバーでよかったかな。
でも横浜ナンバーのほうがよかった。
新しいプレートをつけ、FTRは疾走。
引越し貧乏な僕は今日、
新しい2つ目のヘルメットとゴーグルを買った。