運命の人

感想おまちしてます!

daipresents2004-06-25
(写真)低反発マットで、布団がいらなくなったので、その綿を利用してでっかい枕をつくりました。

でもさ 君は運命の人だから 強く手を握るよ
ここにいるのは 優しいだけじゃなく 偉大な獣

学校を卒業するとき、今いる風景がすべてだったんだなって思って、
それがもうなくなるとわかって、寂しくなって大声で歌ったりした。
昨日じゃ想像もできないことが、次の日に起こって、
それが当たり前になり、しばらく続いていく。
そしてまた、思っても見なかったことが起こって、そしてまた。

走る 遥か この地球の果てまで
悪あがきでも 呼吸しながら 君を乗せて行く

そして、「またどっかにいこうな!」って、できるかわからないこといって、
みんなで、なぐさめあったりして、それも忘れていく。
やがて、ふとそれを思い出して、また大きな声で歌ってみたりする。

走る 遥か この地球の果てまで
恥ずかしくても まるでダメでも かっこつけて行く

空気みたいに思っていたものほど、なくなるとわかると困ってしまう。
こんなこといってほしいな、って思うときほど、
なかなか思いはつたわらなくて、すねてまた大声で歌ってみたりする。

アイニージュー いつか つまづいた時には
横にいるから ふらつきながら 二人で見つけよう
神様・・・

いつだって、限りってもんがあって、それを見つけては笑い飛ばそうとして、
それでもやっぱりつらくって、黙ってしまって、心配されると笑ってみて、
一人になって、大声で歌ってみたりする。

走る 遥か この地球の果てまで
悪あがきでも 呼吸しながら 君を乗せて行く
アイニージュー あえて 無料のユートピアも
汚れた靴で 通り過ぎるのさ
自力で見つけよう 神様

突然元気になって、むりやり大声で歌って、気持ちを高めて、
ときおり無茶して、わがままに付き合って、ちょっと怒ったりして、
たわいもないことで大爆笑して、
ときどき真剣になって、明日の心配をしてみて、
なんとなく空を眺めて、横になってTVをみたりして、
のどが痛いのにタバコに火をつけて、
電話してみたりして、本を読んだりして、
時間はとまらなくて、今という時間にきがついて、
また一つ歳をとって、少しだけ大人になっていって、
少しだけ寂しさを背負って、
少しだけ泣いてみたりして、
夜の街をバイクで走ってみたりして、
少しだけ待ってみたりして、
ぼーっとすごしてみたりして、
なぜか悲しくて、
悔しがったりして、
うまいもん食べて、
また笑って、
また泣いて、
そんな時間の中、
確かなものが薄くなって、
そこで立ち止まって、
また歩き出すのを待ったりする時間も必要で、
大声で歌ってみたりする。
だから、走る。
遥かこの星のかなたまで。
運命の人 – スピッツ
ASIN:B00005FN79
運命の人