僕の恋愛論

感想おまちしてます!

「仕事はラブラブのためにする」
僕が尊敬するPさんの言葉だ。
これを聞いたときに、この人を尊敬してよかったと思った。
僕にとって、仕事というものは趣味の一環である。
そりゃ少しは違うところもあるけれど、「世間体」や「将来性」とか
いろいろなことを考えてまで、執着するつもりはない。
「やりたいこと」をして「楽しく金儲け」が理想だ。
それができる人間に成長してから、世間体とかを考えたい。
僕は、3年間フリーターをして、自分のやりたいことを考え、
そして今、プログラマとして働いている。
迷いがなかったか?といわれれば、人一倍迷ったとも言える。
でも、根本にあるのは「楽しいかどうか」である。
どうせなら幸せになりたい。
多少の付き合いってやつを抜きにして、
自分が好きでもない人と一緒に過ごせるはずもない。
昔お世話になった人が、
「自分が酒を一緒に飲みにいきたい人間かどうかを面接でみる」
とおっしゃっていた。
この言葉がすべて正しいとも思わないが、僕も好きな人と一緒にいたいと思う。
そして楽しく過ごしたい。
そうでなければ、周りを幸せにすることもできない。
仕事に対してもそうだ。まずは自分ありき。
短期間だけれども、勤務地が変わってしまうことになった。
その話を聞いて、まず好きな人のことが浮かんだ。
僕が考えている間、部長さんは仕事のことや、会社のことを説明してくれたが、
そんなこと聞かずに、好きな人のことを考えた。
好きな人と自分は、僕の中で対等である。
しかし、仕事のことは僕にとってたいした問題ではない。
今の職業から変わるときは考えるが、勤務地が変わったり、
知らない人しかいない場所に行ったりすることを気にするほど、
僕はまじめな人間ではない。
どこであろうも、楽しく過ごせるかは自分次第である。
だから、好きな人のことを考えた。
好きな人は一人だ。
この移動で、勤務地が遠くなり、自宅から通うのがとてもきつくなる。
そこで、引越しの話があり、引っ越せば移動がとても楽になるのだ。
また、家の近所を探検したりして、新しい街を知ることも出来る。
しかし、引っ越してしまえば、僕の好きな人を家まで送ったり、
ぶらぶら歩きながら帰ったりすることが出来なくなる。
帰り道が逆方向になってしまう。
僕にとって、最も重要な時間がなくなってしまう。
それが何よりも衝撃だった。
だから、好きな人のことを考えた。
好きな人がそこまで考えてくれなくても、僕にとってはとても大きな問題である。
一気にテンションが下がった。
家までおくる間は一緒にいれるっていう、わずかな幸せがなくなってしまう。
ものすごく嫌だった。
今の仕事とか、これからの仕事とか、いろんなことを一応は考えている。
それでも、僕は一番に好きな人のことを考える。
「好きな人と一緒に住めばいい」かもしれないが、
そう簡単にできるものでもない。
例え好きな人であっても、お互いに生活はあり、その人の時間があり、
僕にだってある。
ずっと同じでいられるとしても、それがよくないこともある。
ずっと続くと、いつのまにか思ってしまったりもする。
好きな人が運命の人であるなら、
離れてもひとつのもんがきっとあるとも思う。
また、何も変わらないとも思う。
どんな出遭いであっても、別れが必ずやってくる。
出遭いは、別れの始まりでもある。
でも、それだけではないだろう。
そう僕は思いたい。
それでも、とても寂しく思ってしまうのは、
好きな人がとても好きな人だからだとも思う。
これも幸せなんだろうって思う。