Lover Soul

感想おまちしてます!

daipresents2004-06-03
(写真)桜通り入り口

だんだん不思議な夜が来て あたしは夢の中へ
だんだん不思議な夜が来て あなたと夢の中へ

POP LIFE – Judy and Mary 最後の曲
ASIN:B00005G4OS
POP LIFE
少しだけ冷めたことを言う。
それを聞いて苦笑する。
「Lover Soul」は思い出深い曲だ。
たしか関西ウォーカーでYUKIがこういってた。

この曲は寒い夜に2人で歩いていて、
つないだ手だけが暖かい。

そんな曲だって。
少しだけ時間稼ぎしながら帰る。
その間だけでも、手をつないでいる時間が長くなるから。
そして、一人で帰る。
いろんなこと考えながら帰ると、その時間もつながってる気がする。
寒い夜でも、つないだ手だけは暖かい。
たくさんの言葉を捜しても、たくさんのものを見ても、
きっとあまり変わらない。
それでもそうするのは、自分の中にある不安を消そうとする
寂しさのあらわれかもしれない。
もしかすると、自分以外の誰かの不安まで消そうとする
寂しい欲望なのかもしれない。

新しい道を切り開く。それを自由というのでしょう!

2人で息をするように、半分だけの空気は頭を空っぽにする。
片隅で時計がぐるぐる回っても、呼吸は規則正しくゆっくり。
つないだ手を離すときの、少し寂しい雰囲気を、
呼吸はかんたんに飛び越えた。

あなたと2人で このまま消えてしまおう
今 あなたの体に溶けて ひとつに重なろう
ただあなたの 温もりを
肌で感じてる 夜明け

だんだん不思議な夜が来る。
夢と現実の間に立ったときのように、ふわふわと迷うけど、
世界に飛び込んでいく強さを手に入れたような気分。