Can’t Help Falling In Love

感想おまちしてます!

daipresents2004-05-25
(写真)今のお気に入り。
Can’t Help Falling In Love
Hi-Standard – Love is Buttlefield(ASIN:B00004TAJL)より
俺の感情論。
求めている自分がいる。
罪に後悔する自分がいる。
助けを求める自分がいる。
だからどーした。
人にどう見られるかが問題だったら、俗に言われる普通の人生を
考え、もっと賢く生きているだろう。
それぐらいの器用さならもってるからな。
ある一瞬を境にそう思えるようになった。
そこには憎しみも怒りもない。
まったくなにもない。
ただ月を見ただけの夜に、俺はそれを。。。
愛、希望、夢、そして自由、信念、プライド、絶望、悲しみ、願い、痛み、笑い、不安、ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ。
感情がすべてを支配する。
過去、現在、未来という時間軸が一つになる。
怒りを膨張させ、脳内の麻薬物質を無理やりだし、理性をコントロールする。
バカみたいに泣く。
やるせないこと、悲しいこと、さびしいこと。
それらががっちりと埋まる。
心の隙間を埋める為にタバコを吸う。
自分に足りないパーツを探す。
探してうまくいっても、何も感じない。
「真っ暗な階段を登るみたいなもんだ。」
光など見えない。
何も見えない。
何も見つからない。
微かに見える光なんて、自分が作り出した幻だ。
「グラスにはいってる水みたいなものだ。ほっておいたら乾いてしまう。」
それに水を足したりしない。
そんな必要すらない。
「生きるために死ぬか、死ぬ為に生きるか。」
もがいてやる。体が動けなくなっても、前を見てやる。
恐怖などない。
これが俺だ。
奪われることもない、与えることもない。
ただそこにある。
待つわけでもなく、進むわけでもない。
そこにある。
自分が信じてきたもの。
そして、自分が信じているもの。
自分が信じようとしているもの。
この全てを伝える。
「僕はここにいる」
世界の中の一人ではない。
俺の世界。
世界。
世界。
世界。
世界。
世界。
自分。
自分。
自分。
「みんなその手をまっているんだ」
自分の中で
あああああああああああああああ
そんなんじゃない
消えるまで
。。。。。。。。。。。。。
全てを君に。

コメント

  1. だい より:

    PS・・・パパ、ママ。私は元気です。だいじょぶですよ?ん。