虚栄の世界 – The Moody Blues

感想おまちしてます!

daipresents2004-05-02
36時間の箱舟
エピローグ
The Moody Blues 「Seventh Sojourn」
No.6 THE LAND OF MAKE-BELIEVE(邦題:虚栄の世界)
ASIN:B000002GQL
>>
僕たちが住んでいるのは虚栄にぬれた世界
なぜ心の中を隠そうとするのだろう
表面だけを美しく装う世界では
心を蝕む痛手さえ喜びに変貌してしまう
<< 思い出は逃げ込む場所ではない。 今日は街を歩いた。 僕が育った街。街はところどころ修正しながら、少しだけ変わっていた。 小学校への通学路を歩き、一番遊んだ公園へ寄り道した。 僕が見た光景は、何も変わっていなかった。 変わっていたとしても、曖昧な記憶がそれを真実に見せてくれたのだろう。 公園のベンチについた。 僕はこの場所から始まったといえる場所。 春が過ぎ、夏を待ち焦がれる公園の片隅は、新しい緑が空に手を伸ばし、 季節が巡る中、そのベンチだけは時間が止まっているようだった。 様々な情景が浮かんだ。 あの頃の自分がどんどんよみがえってくる。 僕は変わったのだろうか。 世界全部を敵に回し、一人で戦っているとさえ思い込んでいた自分と。 たくさんの人に支えられ、僕は生かされているように思う。 人からたくさんのものをもらっても、僕には与えることができない。 「私自身が好きじゃない私のことを、好きになるひとなんてきっといない。」 あの言葉は僕だ。 「今がよければいい」という言葉は、あまりいい言葉ではない。 現実を見ていない部分があれば、この言葉の意味はなくなる。 昔、死に物狂いで何かを探していたとき、未来を見ていない気がして、 この言葉を簡単に言ってる人が憎かった。 手をつないで街を歩いたあの頃。 この時間が永遠に続かないことを不安に思っていても、 今だけを信じていた。 たったわずかでもいい。 この虚栄の世界で、信じるというわずかな希望を 手のひらに集めて握っていたように、 冷たい季節でも暖かく感じた、あの一瞬の時間は僕のすべてだった。 たとえ一瞬の時間であろうとも、 わずかな時間しか浮かばない箱舟だったとしても、 溢れ出た感情は、誰にもとめることはできず、 自分にできる全てだといえるよ。 たとえそれが「今さえよければいい」という甘えた感情であろうとも・・・ 僕にとって君といる場所は、世界の中心だったから。