キャシャーン(その2)

感想おまちしてます!

昨日行った試写会会場について。
試写会会場:東銀座「東劇」
席数は普通。シートは車のシートみたいだった。
ふかふかとまではいかないが、ゆったりしていてとてもよい。
背もたれが高く、スクリーンも高い為、
どこ座ってもよく見えるのが素敵。
すこしキャシャーンについて調べてみた。
どうやら僕が生まれるときより前のアニメが原作らしい。
ストーリーもアマゾンでみてみたが、どうやら映画とは違う。
にしても、映画は結構まとまっていた。
原作がしっかりしているかどうかはわからないが、
テーマが広大すぎる。
「なぜ戦うのか?」
ということは日常でも考えられることだと思う。
僕もなんだかんだでサラリーマンやっているが、
サラリーマンも毎日は戦いだろう。
今の僕ぐらいの世代には戦うことなんてわからない。
今日は仕事場で久々の感覚に襲われた。
「おれなにしてるんだろ?」と最近よく思うが、
今日はほんとにつらかった。まぁガキのたわごとかもしれないが
それでも僕にとっては一大事だから。
キャシャーンをみて、映画を見て、「たった一つの命」と
唐沢さんがいっていたCMを思い出した。
僕らはたった一つの命しかもってない。
ゲームみたいに何回もやり直せるわけでもない。
この何気ない日常の中、戦うことの意味さえつかみ取れない
毎日。
僕らはどこへ向かえばいいのだろうか。
どこへ行くのだろうか。
「生きること」「死ぬこと」「愛すること」「戦うこと」
なんてことをたまに考えたりするヒトは僕だけではないだろう。
そんなことを思い出すことができた。
きっといつかはわかることができるはず。
そう思いたいな。
タツノコヒーローシリーズ(1) 新造人間キャシャーン
明日は「ゴッドディーバ」試写会だ。
エジプトの神話をしらべておこっかな。