壬生義士伝

感想おまちしてます!

昨日「日本アカデミー賞」がTVでやっていた。
最優秀作品に新撰組の物語「壬生義士伝」がえらばれた。
その他に主演男優賞・助演男優賞などを獲得。
(その他なにとったかは公式サイトを参照のこと)
斉藤一を演じる佐藤浩市さんの涙。
斉藤一の恋人役の中谷美紀の涙。
とってもよかったっす。
「ラストサムライ」が上映されるなど、去年から武士魂がブーム。
大河も「新撰組!!」だし。。。(ちなみに毎週みてます)
今の平和な時代では、「時代」というものが動く世界が
とても目新しく感じる。歴史が好き!というわけではないが、
結果から物語を感じることのできる歴史っていいもんだな
と思った。
壬生義士伝を見た後、司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」を読んだ。
副長土方歳三が主人公なのだが、冷静な男が武士を目指し、
最強の舞台を作り上げようとする姿は、生をまじめに受け止め、
死を別の意味に捉えて
いるように思えた。
壬生義士伝のセリフで
「斬ってくれる者がいないから生きている」
みたいなことを斉藤一がいっていたが、この映画では
生きること、戦うこと、恐れることなどが無名の隊士から
伝わってくる。
私たちが何気ない日常で、ある程度平和な世界で生きている中、
ありきたりかもしれないが、何か大切なことを伝えてくれる
映画だと感じた。
義とは?といわれても私にわかる部分は限られている。
しかし、その足りない何かが今の私に伝わってきたのだ。
SHV松竹ホームビデオ – 壬生義士伝