Sure(Are you sure?)

感想おまちしてます!

静かに流れる月日は僕らをいつも癒す。
とすればいつか必ず元気になるんだ。僕の周りにはうれしいことにやさしい人間が多い。
その人達もみんな同じなんだ。僕は誰かにこういって欲しかったんだろう。
「お前はわるくない」って。元気になった、とか立ち直ったのではない。
なんていえばいいか・・・。
僕は夕方外に出たとき「なつかしい匂い」をたしかに感じた。
小学生のときの校庭の匂いのような。冬の寂しげな乾いた空気のような。
いつかわすれてしまっていたんだ、僕は。わかってもらえるかな?
僕は思い出したんです。
みんなわすれてることない?
僕にはあったよ。それはとても小さく、形のないやさしいもの。
それは何?とおもうなら僕は悲しむだろうね。
だってそれは僕のものだもん。多少のことでは教えれないよ。
人はなんで無理をするの?しんどいならしんどいっていえばいい。
くだらない責任だとか、うまくあわせるとか・・・無理なんかしなければいい。
だって不自然だもんね。そりゃ疲れるわ。
さてと僕の分身をきれいにしてやるか。
名前は「THE WORLD」。ここは僕のページ。
そして僕の全てをひとに伝えれる不思議な場所。
無理のない自然な世界。
凍結している過去も、これからつくる未来も、一瞬の今も。たしかなことってなに??
小さな光をたどって 僕らがどこへいこうとも 確かなことがあるとすればきっと・・・
それは「僕は思い出せた」ということ。かな?
さてと・・・つくってみようかな。